News

お知らせ

ニュースリリース
2021-10-14

カケハシがメドレーと連携し、医療DXを促進

他社とのシステム連携を順次開始

 株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、当社)は、医療業界のDX推進支援を目的にしたオープンな医療プラットフォームの構築を目指し、薬局体験アシスタント「Musubi」(以下、Musubi)と他社サービスとのシステム連携に向けた取り組みを開始しました。まずは株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、以下、メドレー)とのシステム連携を予定しています。



●背景

 新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン診療・服薬指導をはじめとする医療業界におけるDX推進の必要性がかつてない高まりを見せています。一方で「オンライン診療・服薬指導の特例措置の恒久化」が打ち出されたにも関わらず、オンライン服薬指導の利用率は6%程度に留まっているのが現状です。

 こうした状況からDX推進を支援すべく、まずはオンライン服薬指導の担い手である薬剤師の業務体験の向上を図り、そこから患者さんの多様なニーズへの対応と薬局体験の向上につなげていくことを目的に、薬局の基幹システムであるMusubiと他社サービスとのシステム連携に向けた取り組みを開始しました。これにより、薬剤師の業務負担を増やすことなくオンライン服薬指導を促進し、その先にある医療業界全体のDX推進を支援していきます。今後も、多様なプレイヤーとの幅広い連携も視野に入れながら、日本の医療をより良くより確かなものとして次世代へつないでいくエコシステム構築に向けて邁進します。



●概要

 Musubiと他社サービスとの連携第一弾として、メドレーのかかりつけ薬局支援システム「Pharms」(以下、Pharms)との連携を来春以降で目指します。具体的には、Musubi上でPharms経由の予約一覧を表示し、Musubiによる服薬指導開始時にワンクリックでPharmsを起動させるなど、既存のオペレーションを大きく崩すことなく薬局における両サービスのより円滑な利用の実現を予定しています。



●Musubiについて

 これからの薬局に求められる「患者満足」。それは患者さん一人ひとりに向き合う薬局スタッフの「働き方改革」なくして実現するものではありません。そして働き方改革は、適切な「店舗の状況把握」があってこそ。Musubiはその全てをサポートし、薬局・薬剤師と患者さん“双方”の薬局体験を向上させる、従来の電子薬歴とは明確に異なる新時代のサービスです。

 薬剤師は、患者さんと一緒にMusubiのタッチ機能付き端末画面を見ながら服薬指導を行い、その内容が自動で薬歴のドラフトとして残ります。Musubiを利用することで、患者さんとのコミュニケーションと薬歴記入を同時に行うことができます。それにより、今まで服薬指導とは別に毎日数時間かかっていた薬歴記入に関わる薬剤師の業務負担を、大幅に削減することが可能となります。さらに、Musubiが患者さんの健康状態や生活習慣にあわせた服薬指導や健康アドバイスを提示することで、 新しい薬局体験を患者さんに提供することができます。2017年8月にリリースして以来、順次導入店舗を拡大しています。



●メドレーについて 

 メドレーは、エンジニアと医師・医療従事者を含む開発チームを有し、「医療ヘルスケアの未来をつくる」というミッションのもと、インターネットサービスを提供しています。現在、より良い医療・介護の実現に向けて、以下のサービスを展開しています。

 

●当社について

 「日本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、医療現場の課題を深く理解し、最新の技術をもって今までにない医療システムを提供することで、社内外の医療従事者と一緒により良い日本の医療の未来を形作っていくことを目指します。


<会社概要>

会社名 株式会社カケハシ

設 立 2016年3月30日

所在地 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F

U R L  https://kakehashi.life/corporate.html


<本件に関する問い合わせ先>

株式会社カケハシ 広報

メール: pr@kakehashi.life

電 話: 03-5357-7853


⼀覧ページへ戻る
トップお知らせ
カケハシがメドレーと連携し、医療DXを促進
Recruit

次の⼀歩を、ぜひ⼀緒に。

私たちの⽬指す世界や価値観に共感する⽅を求めています。